S&P500 の長期リターンとリスク特性

My Index
http://myindex.jp/data_i.php?q=SP1001JPY
S&P 500 (配当込み) (円) のリターンとリスクが投資期間によってどの程度変化するかを表したチャートです。
sp500_return_risk.jpg
クリックすると大きくなります。

投資期間が短い場合はバラつきが多いですが、10年を超えるとおおよそ
・ リスクは20%弱
・ リターンは5%から10%のあいだ
ぐらいに集まって来ます。

長期になるとリスクとリターンが本来の値に収束してきます。
期間が10年20年30年と長くなっても、リスクはあまり変化ありません。


年次リターン
sp500_longtermreturn.jpg
2008年はリーマン・ショックで大きな下げがありましたが、リーマン直前から今までの10年間でもプラスリターンですね。

期間20年や30年に比べるとリターンが少し減ってはいますが、思ったほど影響ないです。(最初のチャート)


=== おまけ (全て My Indexサイト)
ダウ平均 (円)
リスク vs リターン タブ
http://myindex.jp/data_i.php?q=DJ1007JPY
大型優良株が多いせいか、リスクは安定しています。
長期リターンは同じ理由により、やや低め。

NASDAQナスダック 100指数 (円)
リスク vs リターン タブ
http://myindex.jp/data_i.php?q=NQ1001JPY
ダウやS&P500と比べて高ボラですが高リターンです。
ドットコムバブルのせいか30年リターンはS&P500と比べてやや低めです。
中期投資向きだと思います。

MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円)
リスク vs リターン タブ
http://myindex.jp/data_i.php?q=MS1105JPY
悪くないです。

TOPIX (配当込み) (円)
リスク vs リターン タブ
http://myindex.jp/data_i.php?q=TS1047JPY
リスクは収束してゆきますが、長期リターンが低すぎます。

MSCI エマージング・マーケット・インデックス (円)
リスク vs リターン タブ
http://myindex.jp/data_i.php?q=MS1056JPY
リターンが収束せずバラけ気味です。
長期保有には向いていないと思います。

# それぞれ差はありますが、投資期間が長くなると徐々にリスクはアセットクラス本来の値に収束してゆく傾向があります。

# 長期投資(10年以上)によってリスク(標準偏差)が増加または減少することはないようですね。

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Tansney Gohn

Author:Tansney Gohn

論よりチャート。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資はご自分の判断と責任で行っていただくようお願い致します。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード